NEW!! 【MCT10期】限定8名募集
【MCT11期】集合トレーニング

MCS認定メンタルコーチ・トレーニング(以下MCT)は現在、日本トップクラス実績を持つ当スクール代表のプロメンタルコーチ(国際コーチ連盟〔ICF〕認定プログラムを受講後、コーチング資格を取得。その後1800人のアスリートへメンタルコーチングを提供)による、メンタルコーチ育成トレーニングです。(現在8期募集中。アジア、関東、関西、中国、九州と全国に40名のメンタルコーチが誕生)

MCTでは、「コーチング」をベーススキルにアスリートのサポートに必要な「メンタルスキル」について学ぶんでいきます。プロとしてアスリートやスポーツチームをサポートするメンタルコーチになる、スポーツ指導者様やジュニアアスリートの親御さんが選手の成長をより加速させるメンタルコーチングを身に付けるためのトレーニングです。

また、昨今はビジネスパーソンの方が自身のセルフマネジメントやセールス場面、部下育成でのマネジメントで活かすためにMCTを受講される機会が増えています。

サッカー日本代表選手、プロ野球選手、Jリーガー、プロゴルファー、競艇選手、企業経営者などトッププロ選手からジュニア選手までの現役メンタルコーチである当スクール代表のプロメンタルコーチが、あなたのタイプや経験、実績に合わして、あなただからできる「メンタルコーチ」の実現をトレーニングサポートしていきます。※資格は不要だがメンタルコーチングを短期で学びたい方はこちら(アドバイザープログラム)。

また通常のコーチングスクールとは違い、認定資格(MCS認定メンタルコーチ資格)の取得後は、パートナーコーチとしての「メンタルコーチのチーム(MIND+)としての活動」や「その他専門家とのコラボレーション」など『プロメンタルコーチ』としてのあなたの可能性を広げる環境も用意しています。また、MCT1期、2期、3期、4期、5期、6期、7期から誕生したメンタルコーチはJリーガー、Bリーグプロバスケット選手やイタリアで活躍するプロフットサル選手、プロゴルファー(ツアー選手)、トライアスロン選手、野球選手などと専属契約をしプロキャリアをスタートしています。 

■こんな方におすすめの講座です

・メンタルコーチとしてアスリートに貢献していきたい!

・自分のこどもをトップアスリートに育て上げるためのコーチングスキルを習得したい!

・ビジネスマン、先生、指導者として部下育成にメンタルコーチングスキルを活かしたい!

・コンサルタント、トレーナーとしてクライアントのメンタルを強化できるようになりたい!

・栄養士、セラピストのセカンドスキルとしてコーチングを学びたい!

・自分のスポーツへの情熱を仕事として活かしたい!メンタルコーチを仕事にしたい!(本業・副業可)

・プロ野球選手、Jリーガー、プロゴルファーに実際にどんなサポートしているのか詳しく教えてほしい!

・自分自身のメンタルを強化し目標達成できるメンタルコーチになりたい!

・プロのメンタルコーチとしてのスキル・活動方法を習得したい!

・他のスポーツメンタルスクールでは教えてくれない営業手法や集客手法も合わせて知りたい!

このようにあなたの経験・情熱・強みを活かした”自分らしいメンタルコーチ像”を個別対応でトレーニングしていきます。

■“3つコース”から選択できます

MCTではベーシックコース、アドバンスコース、プロフェッショナルコースの“3つのコース”をご用意しています。

■ベーシックコースでは、メンタルコーチングの基礎を学び、あなたの日常でメンタルコーチングを活かしたい方におすすめです。

・お母さんが子育てコーチングとして活かす

・スポーツコーチがメンタルを指導できるスキルを身につける

・先生が生徒の主体性やモチベーションを引き出すために学ぶ

・カウンセラーやセラピスト、コンサルタントがセカンドスキルとしてメンタルコーチングを活かす

あなたが日々、接する方の可能性を引き出す、モチベーション・主体性をあげる、メンタル強化をするためにメンタルコーチングスキルを学んでいきます。(※これまでにも大学体育会指導者、高校部活指導者、小中クラブコーチ、経営コンサルタント、カラーセラピスト、算命学セラピスト、栄養士、アスリートフードマイスター、フィジカルトレーナー、ゴルフティーチングプロ、小中スポーツ選手のお母さん等が学ばれています。)

■アドバンスコースでは、プロのメンタルコーチを肩書きとして活動していきたい方へおすすめです。アスリートのメンタルコーチ、経営者のメンタルコーチ、営業マンのメンタルコーチ、子育てメンタルコーチというように〇〇メンタルコーチとあなたの経験や強みを活かしたメンタルコーチとして活動するために必要な実践的なメンタルコーチングスキルを習得していきます。

■プロフェッショナルコースでは、これまでに既に他のスクールでスキルは学んだけど、現場でのスキルの使い方や現場経験が足りない、アスリートとやチームと出会い、体験セッションをし、契約するためのビジネススキルを学びたいという方対象に、トレーニングをするコースです。(※既に検索すると出てくるようなメンタルコーチ、メンタルトレーナー養成講座を終了した方も多数受講されています)

■日本全国・海外からの受講可能

MCTは日本全国または海外在住の方も受講が可能です。(スカイプ・LINEにて対応)テキストは紙面テキスト、またはPDFテキストでお渡しします。メンタルコーチングスクールではこれまで東京、富山、茨城、仙台、横浜、埼玉、群馬、静岡、名古屋、大阪、兵庫、島根、福岡、長崎、熊本、佐賀、大分、宮崎、鹿児島、沖縄、ドイツ、イタリア、モンテネグロ、アメリカ、タイ、マレーシアにお住まいの方へサービス提供実績があります。

スクール選びの注意点・ポイント

日本にはいくつかのメンタルコーチ、メンタルトレーナー養成スクールが存在しています。その中であなたもきっと「どのスクールがいいのかな?」と迷うかと思います。ですので、あなたにスクール選びで注意して頂きたい視点をいくつかご紹介しておきます。自分が納得したスクールに入会してください。

①プロとして活動するためのステップを教えてくれるのか?

⇒多くのスクールでは机上のスキルしか学ぶことができません。ですのでアマチュアのメンタルコーチばかりが輩出されていっています。プロとして活動するためには、ゼロからプロまでのいくつかのステージをクリアしていく必要があります。例えば、スキルだけを学んでいきなりプロアスリートのメンタルコーチをすることはできません。まずは身近な人に協力してもらい体験をつみ⇒面識のない方に実践⇒初回の契約を取る・・・というように階段を1つ1つ積み上げていくことでプロのステージにたつことができます。

②個別で指導してくれるかどうか?

⇒メンタルコーチとして活躍していくためにはまず”自分自身のメンタルを全面的に知る”ことが重要です。今の自分という人格がどのようにしてできあがってきたのか、親、先生、指導者、上司、友達からどんな影響があっていたのか、自分が見えていないメンタルブロックはなんなのか、どんな信念が自分にブレーキをかけてきたのか、何があれば自分がさらに成長できたのか・・・これらは個別で指導をされないと根本の部分はなかなか見えてきません。メンタルコーチは、人のメンタルに関わる仕事です。自分自身のメンタルを見つめ深く知ることができないと、他者をサポートすることはできません。

③資格ビジネススクールには注意!

⇒集団でプログラムを学び、コーチングやメンタルトレーニングの”机上のスキル”をだけを提供し、現場ではあまり使えないスキルを教えられ「終了」というスクールも多くあります。あなたの目的が「アスリートやチームをプロとして指導できるプロのメンタルコーチになること」であるなら、そのスクールの卒業生の多くが実際にプロとして活躍できているかという”出口”を見ておく必要があります。

 ■当スクールの特徴

①日本のアスリートに貢献することがミッション(使命)

⇒MCTは他のスクールのように”資格発行が目的”ではなく、『日本のアスリートに貢献するメンタルコーチを47都道府県に数名づつ育成する』ことをミッションとしています。あなたがプロメンタルコーチとして活動することで多くのアスリートの可能性を広げることができます。現在、チームなどでメンタルを強化する指導を受けられる選手はほとんどいません。なぜなら、プロとして活動するメンタルコーチがあまりにも少ないからです。ぜひ、あなたのスポーツ経験やスポーツの情熱を未来あるアスリートに還元されてほしいと思います。※現在、MCTを終了し全国各地でメンタルコーチが活躍しています。

②MCTはプロメンタルコーチになるためのプログラム

⇒MCTはあなたがプロとして活動するメンタルコーチになる実践的プログラムを提供していきます(アドバンスコース/プロフェッショナルコース)。メインスキルを学びながら、そのスキルを誰にどのように実践していけば能力を高めていくことができるのかもトレーニングしていきます。また、キャリアスタートからプロメンタルコーチになるまでの体系化されたステップも情報提供し、1つ1つ階段を登っていただくサポートもしていきます。実際に、卒業生はJリーガー、Bリーガー、Fリーガー、プロゴルファー、陸上選手、レスリング選手、オリンピック強化選手、高校部活メンタルコーチ、小中高生アスリートをプロとしてサポートしています。

③MCTのプログラムは基本個別指導

⇒まずはあなた自身が自分のメンタルを分析し、理解するために個別プログラムが基本となっています。実際に自分自身がメンタルコーチングを受けながら本質的な効果を体感することで、自分自身の成長・目標達成、そして、未来にサポートする選手の成長・目標達成につなげることができるようになります。また、個別指導なので分からない点は何でも気軽に相談できることもメリットになります。

【輩出されたメンタルコーチ一覧】

・Bリーグ選手をサポートする中尾coach

・プロゴルファーをサポートする垣花coach

・Jリーガーをサポートする今田coach

・Jリーグ下部組織選手など育成年代選手をサポートする林本coach

・Fリーガーやオリンピック候補選手をサポートする長山coach

・水泳選手をサポートする庄崎coach

・剣道選手をサポートする河島coach

・母校のバスケット部をサポートする古藤coach

・母校のサッカー部をサポートする川上coach

・数多くのプロ・アマアスリートをサポートする橋本coach

・ビジネスマンをサポートする上西coach

・経営者をサポートする吉岡coach

・経営者・アスリートをサポートする森coach

・プロゴルファーをサポートする鐘ヶ江coach

・マラソン選手をサポートする長谷川coach

・野球選手、高校野球チームをサポートする石橋coach

その他大学・高校・中学の監督・コーチは現場でスキルを活かしています。またビジネスシーンで活かされている方も多数いらっしゃいます。

1.「メンタルトレーニング」と「コーチング」を学ぶ

アスリートのメンタルサポートに必須の「メンタルトレーニング」と「コーチング」スキルを学び、日常での活動でPDCAサイクルを回していきます。プログラムでは、テキストをもとに現在もトップアスリートに提供しているノウハウやツールを使用しながら、すぐにアスリートへ使える実践的内容を学んで頂きます。

 

2.セルフメンタルコーチングを行い、自身の成長を促す

メンタルコーチングで自分にコミュニケーションをとることで自分自身の内面の変化・成長を体験し、自分自身が一番の事例になっていただきます。そうすることで自分にしかできないコーチ像を明確にしていきます。

 

3.クライアントをコーチし、実践を経験する

実際にクラアントをコーチし、現場からの学びを得ていきます。その際、トレーナーからフィードバックをもらうことで自分の強みやメンタルコーチングスキルを磨くことができます。 ※テキストとは別に目標設定ツール、メンタルノート、フロー分析、ルーティン作成ツールなどをお渡しします。

 

4.「メンタルコーチをつける」ことで自身が目標達成する体験を積む

メンタルコーチになるには、「メンタルコーチをつける」ことで自身が目標達成する体験をすることが必須になります。また、その際のメンタルコーチはMCS認定メンタルコーチが担当します。

 

5.認定メンタルコーチ資格を取得し、プロキャリアをスタートする

トレーニングを終了し、面談を経て認定資格を取得します。 そして、プロとしてアスリートのクライアントとメンタルコーチ契約を行い、選手の成長と成果に貢献していきます。

◆ベーシックコース

【MENTAL COACHING SKILL】

大切な人の可能性を引き出す、メンタルを強化するメンタルコーチングスキルのベースを学んでいきます。コーチングスキル、メンタルスキルを学びなが

1.コーチングとは?コーチングとティーチング

2.コーチングの3つの原則  

3.コーチングの全体像と目標設定  

4.メンタルトレーニングの全体像

5.セルフイメージを知り高める

6.ビリーフと価値観

7.マインドセットを変容する

 

◆アドバンスコース

【COACHING SKILL】

アスリートが目標達成できる状態へ向け、”行動変容”をサポートするコミュニケーションスキル「コーチング」を学びます。継続的にパーソナルサポートするにはコーチングは必須のスキルになります。MCTではまず受講者自身がコーチングを実践し、コーチングを受けることでスキルを習得していきます。

1.コーチングとは?コーチングとティーチング

2.コーチングの3原則  

3.コーチングの全体像  

4.コーチング・フロー  

5.コーチングのベーススキル  

6.リクエスト・提案とフィードバック  

7.ビジョンメイキングと目標設定  

【MENTAL SKILL】

 アスリートの目標達成に必要なメンタルトレーニングの方法を身につけます。理論として理解するとともに自分自身が実践、検証することで選手へ提供するイメージも明確につかめます。さまざまな現場事例を交えながら、“本には載っていない”選手が本当に現場で必要とするメンタルスキルのトレーニングを習得します。  

1.メンタルトレーニングの全体像  

2.セルフイメージとは?  

3.セルフイメージを高める手法  

4.ビリーフと価値観をチェンジする 

5.セルフトークとイメージトレーニング  

6.ルーティンとアンカーリング  

7.セルフコントロールとフローへのアプローチ    

1.コンテンツを予習する

トレーニング前にテキストの内容を熟読し、内容を把握しておきます。 

2.メンタルコーチ・トレーニングを受講する

90分(180分)の時間を使い、トレーナーが示す具体的な事例や、実際のアスリートやビジネスパーソンの成果をシェアしながらスキルの理解と実践へのイメージを高めます。

3.インターバル期間でのトライ&エラー

次回トレーニングまでの期間でワークに取り組みステークホルダーへメンタルコーチングをアクションする。

4.トレーナーからのフィードバック

次回のトレーニング時にワークとアクションについてトレーナーからのフィードバックを受けて、机上と現場のギャップを埋める作業を行います。

1~4のサイクルにおき理論を学ぶ・現場実践を毎回行うことで、トレーニング終了後すぐにクライアントへの実践的なメンタルコーチングを提供できるレベルまでサポートしていきます。

 

■トレーニングセッション:完全個別(1対1)にて対面orTELでのセッション  

 ※対面(東京・福岡)の場合、セッション会場は打ち合わせにて決定

■トレーニングのスタート:あなたの希望日程でスタート  

■トレーニング時間:90分/回 ※短期集中トレーニング:180分/回  

■トレーニング頻度:月基本2回(1~4回まで相談可能)  ※頻度は受講者の希望により決定  

■トレーニングの時間:6~22時  ※日時は受講者の希望により決定

 *選べるトレーニングのスタイル*

■スカイプ・TELでのトレーニング可能

MCTはスカイプ・TELでのトレーニングが基本となります。ビジネスやスポーツでお忙しい方のライフスタイルに会わせ早朝や昼間の空き時間、深夜、土日などを利用し、受講が可能です。

■対面でのトレーニング

MCTはスカイプ・TELでのトレーニング以外にも対面でのトレーニングも可能です。(※東京・福岡)


 *トレーニングの全体像はこちら*

Q:「どんな人がこれまでにMCTを受講していますか?」

A:会社員、専業主婦、コンサルタント(経営)、プロサッカーコーチ、フットサル監督、元空手日本代表選手、カラーセラピスト、算命学師、アスリートフードマイスター、大学体育会監督、フィジカルトレーナー、管理栄養士、ゴルフティーチングプロ、元プロゴルファー、元アメフト選手(年代別日本代表経験)、Jリーグ下部組織出身選手、整骨院経営者、卓球クラブコーチなど20代~40代まで幅広く受講者様がいます。

__________________________________________

Q:「会社員(主婦)ですが働きながらの受講や実践をつむことはできますか?」

A:会社員(主婦)の方が一番多く受講されています。平日の朝、夜、土日を使いながらのトレーニング、実践を皆様がされています。最初はセカンドビジネスとしてメンタルコーチをされる方も多くいらっしゃいます。

__________________________________________

Q:「受講されている方がお住まいの都道府県はどちらがありますか?」

A:マレーシア、東京都、茨城県、埼玉県、大阪府、兵庫県、島根県、福岡県、長崎県、熊本県、鹿児島県、佐賀県、沖縄県・・・他全国各地・海外から受講者様がおります。トレーニングは対面、オンライン(電話、スカイプ)と選択できますので場所・時間を受講者様に合わせて行います。※6時~22時まで対応

__________________________________________

Q:「プロアスリートの専属メンタルコーチになりたいのですが可能ですか?」

A:14回のトレーニングでは実際にプロアスリートにサポートしている実践的な事例や会話例をお伝えすることと共にプロアスリートに提供している目標設定シート、メンタルノート、フロー分析シート、コミュニケーションスタイルアンケート、各種アセスメント等をお渡ししていきます。また、具体的な実践課題もクリアしていけば十分にアスリートのサポートが可能なレベルになります。もちろん、チームサポートも可能です__________________________________________

Q:「電話・スカイプでのトレーニングで習得可能ですか?」

A:はい、可能です。コーチングのトレーニングは他社でも電話トレーニングは多くあります。メンタルコーチの仕事はアスリートのサポートで、アスリートは試合での出張が多く、宿泊先(国内・国外)電話でのメンタルサポートも多いからです。実際に、MCTは福岡県外からの受講は電話でのトレーニングを行っています。

__________________________________________

Q:「受講料の分割での支払いは可能ですか?」

A:ベーシックコースは4回まで、アドバンスコースは7回まで分割でのお支払いが可能です。

__________________________________________

Q:「スポーツ指導者ですが、選手指導に活かすことは可能ですか?」

A:すでに、数名のスポーツ指導者がメンタル指導に役立てています。担当のトレーナー自身も指導者出身ですのであなたにあったメンタルコーチングの事例やツール提供もしていくので十分にあなたの選手に活かすことができます。

__________________________________________

:「メンタルトレーニングのツールなどは頂けるのですか?」

A:余すとここなく、お渡ししております。プロ野球選手、Jリーガー、プロゴルファーなどに現在も使用しているツール(目標設定シート、メンタルアセスメント、メンタルノート、トレーニングマネジメントノート、フロー分析シート、ルーティン作成ツール、タイプ分析ツールなど)をお渡ししております。このツールだけでも受講料のもとは取れると言い切れるものです。

__________________________________________

Q:「受講料はいつ頃に回収できますか?(もとをとれますか?)」

A:アスリート1~2名もしくは1チームと契約(1年間)できれば十分に受講料分の料金を回収できます。ということは2名以降はすでに黒字となります。過去の受講生には受講3ヶ月で回収した方も多数います。

__________________________________________

Q:「MCTを終了した方は現在、どんな活動をされていますか?」

A:フットサル日本代表選手、イタリアで活躍するプロフットサル選手、プロバスケット選手、プロゴルファー、トライアスロン選手、日本代表クラスレスリング選手、高校サッカー部、高校バレー部のメンタルコーチとして活動しているプロメンタルコーチが続々と輩出されています。アスリートやチームとの契約についても、アドバイスすることが可能です。

__________________________________________

Q:「ビジネスなどへのメンタルコーチングの応用は可能ですか?」

A:はい、可能です。担当トレーナーは経営者は企業マネージャーへメンタルコーチングを現在も提供しています。ビジネス向けをご希望の方はトレーニングもビジネスよりの事例やツールも提供していきます。

__________________________________________

Q:「今後も受講料は変わりませんか?」

A:変わります。期を重ねるごとに値上げしていきます。現在は格安の料金設定です。今後はプロメンタルコーチの敷居を高くすること、専門家としての価値を上げるために業界水準額まで値上げしていきます。

__________________________________________

大切な人の可能性を高める人、下げる人

続きを読む 0 コメント

なぜ、他のメンタルコーチスクールからプロが輩出されないのか?

続きを読む

アスリートの成長に貢献する仕事

続きを読む

人の可能性を引き出すスキルを身につける!

続きを読む