ペアレントコーチ・トレーニング(以下PCT)とは「ママやパパがお子様の主体的なメンタル形成をコーチングできるようになる」ことを目的とした保護者様のためのコーチ・トレーニングです。 子どものメンタルは親とのコミュニケーション、体験を通じ、その多くが形成されていきます。しかし、私達大人は自分の経験則や思い込みなど“自己流”で子どもにコミュニケーションをとってしまいます。

その良かれと思っている関わりがもし、メンタル的にNGであったらいかがでしょうか・・・?

親の良かれと思ってやっているほめ方や叱り方が大事な子どもの未来やこれかからの可能性にネガティブな影響を与えている可能性があります。実際にメンタルコーチングスクールではジュニア選手やその保護者約700名以上の方へトレーニングやセミナーを行ってきた中でのリサーチで85%以上の保護者が「子どもに対し、ネガティブな関わりをしていた」と答えています。 上記の課題を解決するために、PCTでは子どもの未来をより輝かせるためメンタル形成のためのシンプルかつ実践的なスキルを提供します。ジュニアアスリートからトップアスリートをメンタルサポートする現役のプロメンタルコーチがプログラムした実践的なメンタルトレーニング、コーチングを保護者様に提供していきます。

□こどもの積極性ややる気を出せるようになりたい!

□こどもと信頼関係が薄いように感じる。。。

□こどものメンタルを強くしたい!

□こどもの勉強やスポーツへのモチベーションをあげたい

□こどもの可能性を広げてあげたい!

PCTのプログラムは基礎を学ぶベーシックコース(計3回)と応用編を学ぶアドバンスコース(計3回)がございます。1回のトレーニング時間は90分で専用テキストを使用しながら学び→実践→振り返りを繰り返し、お子様へのコーチングスキルの上達を目指します。プログラムは1対1、もしくは4人以下の複数人でのトレーニングとし、自分の想いを他者に伝えることでの気づきや他者の発言による気づきをシェアすることで参加者同士での相乗効果も計ります。

 

■ベーシックコース(基礎コース)

ベーシックコースではあなたが“あの人”になるための信頼関係構築の方法をお伝えしていきます。私たちは「あの人の話だからは聞こう。」「あの人だからきっと自分のために厳しくいってくれたんだ」「この人がやることだから大丈夫。信じてやってみよう。」というように信頼関係さえあれば相手とのコミュニケーション、生活、仕事はうまくいくものです。ベーシックコースではお子様との信頼をつくるためのスキルを学びます。

 

【第1回】こどもを本当の意味で承認する

私たちは、パートナーや家族、上司・同僚、所属するコミュニティのメンバーなどまわりの人、そして自分から承認されることで、自己肯定感(自信)を持ち、「自分らしく」ゴールへ向うことができます。こどもがモチベーション高く、ワクワクした状態で行動することができるようになるための「認め方」を学びます。

 

【第2回】こどもに最上級の興味を持つ

もし、あなたが相手に興味を持てていなかったとしたら、確実に相手はそのメッセージを受け取り「この人は私に興味がない」と感じています。それも無意識にです。あなたはこどもに興味を持っているというメッセージをどんな方法で送っていますか?相手に興味をもてばコミュニケーションは劇的に変わります。

 

【第3回】こどものコミュニケーションタイプを知る

相手を承認したり、話を聞きやすくするための「相手を知るためのツール」をであるコミュニケーションタイプの見分け方(診断ツールあり)をお渡ししていきます。コーチングでは相手のコミュニケーションスタイプを知ることで相手への理解を深め、より信頼関係を強固につなげていきます。あなたのタイプやお子様のタイプは?そこを知り、効果的な関わり方を学びます。 


アドバンスコース(応用コース)

アドバンスコースではお子様に主体的なメンタルに導くためのメンタルコーチングスキルを学んでいきます。そもそも人の感情は何が刺激となりどのようにポジティブにネガティブに影響しているのか、まずはメンタルのシンプルな構図を理解した上でお子様にしなやかなメンタルが身につくための環境づくり、声掛けの種類やタイミング、質問のスキルなどを学びます。

 

【第1回】こどもをしなやかマインドにする

しなやかマインドとは結果を出し続けてきたアスリートやビジネスマンに共通するマインドです。実は結果を出し続ける人は「結果にコミットしていない」とスタンフォード大学の研究結果が示しています。では彼らは何にフォーカスしてきたのか?キーワードは「やりきること」や「楽しむこと」などです。親として子どもに結果ばかりを意識させているとガチガチマインドに育ち、チャレンジできない消極的なメンタルを生んでしまいます。ここではお子様をしなやかマインドに導く全体像を学びます。

 

【第2回】しなやかセルフトーク

セルフトーク(自己対話)は感情を左右する超重要な要素です。例えば試合の最初に、または大事な場面でミスをしたとき、こどもはどんなことを心の中で考えるでしょうか?「もうミスはできない」「いつも大事なときにミスをして自分はだめだ」「また怒られるかもしれない」こんなセルフトークをしているようでは次のプレーで最高のパフォーマンスは出ません。実はその子のセルフトークはあなたやコーチ、先生からの声掛けやコミュニケーションが猛烈に影響しています。しなやかセルフトークに導くには親自身のセルフトークも変える必要があります。自分の過去のセルフトークを分析し、未来のしなやかセルフトークをつくりましょう。

 

【第3回】ゴールとモチベーション

こどものやる気を引き出すための目標設定(ゴール設定)のコツとお子様のモチベーション・タイプを知っていきます。目標は会話の中で引き出すことができます。「大きくなったらどんな選手になりたいの?」「今何をテーマに頑張ってるの?」「今日頑張りたいことは何?」お子様は質問に答え、ゴールを言語化することで脳に明確なイメージを持ちがんばりたくなります。さらにそれに加え、お子様が何に対してモチベーションを持つ子なのか?(レベルアップ/影響力/貢献/回避など)そのモチベーション・タイプを理解していきます。

 

■スカイプ・TELでのトレーニング可能

Zoom、LINEでのオンライン・トレーニングが基本となり4人以下の複数人での開催となります。お仕事や家事でお忙しい親御様のライフスタイルに会わせ早朝や昼間の空き時間、深夜、土日などを利用し、受講が可能です。

■対面でのトレーニング

PCTはオンライン・トレーニング以外にも対面でのトレーニングも可能です。(※認定トレーナーの在住地域であれば対面も可能)


1.コンテンツを予習する

トレーニング前にテキストの内容を熟読し、内容を把握しておきます。

 

2.プログラムを受講する

1コマ90分の時間を使い、トレーナーが示す具体的な事例や、他者参加者との気づきのシェアしながらスキルの理解と実践へにつなげます。

 

3.インターバル期間でのトライ&エラー

次回トレーニングまでの期間でワークに取り組み、お子様へメンタルコーチングをアクションする

 

4.トレーナーからのフィードバック

次回のトレーニング時にワークとアクションについてトレーナーからのフィードバックを受けて、机上と現場のギャップを埋める作業を行います。

■トレーニング:基本トレーニングは4名以下で開催します。

■トレーニング時間:90分/回

■トレーニング頻度:2週に1度ペース  

※頻度は受講者の希望により変更可

■選べる受講時間:6~22時  ※日時は受講者の希望により決定

■担当トレーナーは実績豊富なMCS認定コーチング・トレーナーが担当

 ・中尾琴美コーチングトレーナー

 ・山中和也コーチングトレーナー

 ・川子ひとみコーチングトレーナー

■ベーシックコース  ¥36,000(税込) ※計3回のトレーニング  

■アドバンスコース  ¥42,000(税込) ※計3回のトレーニング  

※お振込みはプログラムスタート前にご一括でのお支払いとなります

オリエンテーション(個別体験会)ではこのPCTをスタートする上で必要な情報をお伝えする体験勉強会を提供させて頂きます。勉強会では以下のテーマで60分で提供していきます。(料金3000円)

・なぜ今、こどもにコーチングをする必要があるのか?

・脅迫による行動強化と承認による行動強化

・私たちが受けてきた受身教育と最先端教育の違い

これら情報提供しながら体験プログラムを受講できます。まずは、オリエンテーションにて親向けコーチングを学び、プログラムの疑問点などもあわせてご質問ください。

メモ: * は入力必須項目です

■日本全国・海外からの受講可能 PCTは日本全国または海外在住の方も受講が可能です。メンタルコーチングスクールではこれまでの東京、茨城、、新潟、仙台、埼玉、静岡、名古屋、大阪、兵庫、広島、鳥取、島根、山口、九州、アメリカ、タイ、マレーシアにお住まいの方へサービス提供実績があります。