メンタルコーチ・インタビュー

MCS認定メンタルコーチ・トレーニング(以下MCT)を受講しプロとして活動するメンタルコーチに受講のきっかけや受講中の悩み、今後のビジョンをインタビューしました。メンタルコーチになりたい方やMCT受講を考えている方はぜひ活躍中のメンタルコーチの実体験を参考にされてください。


メンタルコーチ 小河一湖さま

【サポート実績】Bリーガー/学生バスケット選手/高校野球選手/バスケットチーム(高校・中学)/ジュニア選手の親御さん

MCTを学ぶきっかけを教えてください。

小河さん:こどもが小学生でバスケットをしているのと発達障害だったこともありこどものメンタルに興味を持ったのがきっかけです。こどものこともあり家でできるフリーの仕事を探していところになぜか「メンタルコーチ」という言葉が浮かんだんです。それで子育てにもスポーツにどっちもメンタルコーチングが必要だと直感で感じたのがスタートですね。息子のバスケを見ていたらBリーグの大ファンになって、それでメンタルコーチをするならいつかBリーガーのメンタルコーチになりたいと思いました。また、子供にも学生にもメンタルが大事だと思いましたね。旦那さんには最初反対されましたが(笑)

 

MCT実際に学んでみて

ティーチングとコーチングの使い分けから、コーチングの質問や承認、コーチングの流れなど、あとはメンタルトレーニングの考え方など今までに全く触れてきていない学びばかりで単純に楽しく学べました。ミニバスのママ友のお子さんの小学生や中学生にメンタルコーチさせてもらって選手たちがキラキラ楽しそうにビジョンを語ってくれたり、前向きにチャレンジしていく姿をみて、自分も本当に元気をもらっりと楽しく学び実践できました。また、知り合いの中学生のバスケット部の顧問の先生にお願いしてチームのメンタルコーチとしてチャレンジするのも最初は緊張しましたが選手たちに関われて本当に嬉しく思っています。

 

メンタルコーチを学ぶ中でどんな壁がありましたか?

ゼロからスタートしたので私が本当にこどもやアスリートに何か価値を提供できるのか?と自信をもてずに悩むことがありました。だけど本当にBリーガーや学生バスケット選手をプロとしてサポートしたいと思い、それができる自分になりたいという希望が支えになりました。あとはメンタルコーチ・コミュニティのメンバーの頑張られている姿や声が刺激になりました。特に毎月のメンタルコーチ勉強会でモチベーションアップとスキルアップになることもMCTの良さだと思います。また、池さんに個別にコーチングスキルや活動するためのノウハウを直接聞きたいタイミングで聴けることも大きかったです。

Bリーガーのメンタルコーチに!を実現していかがですか?

正直、本当に夢みたいです。オファーがきたときは家中を歩き回りました(笑)。学ぶ前に描いていたことが1年もたたずに実現してしまって。人生をかけてバスケットをしているプロアスリートに関わらせてもらって本当に感謝しかないです。自分が相手を成功してやろうじゃなくて、少しでも成長に貢献したいという想いでメンタルコーチをしています。今もたまにBリーガーのメンタルコーチということが信じられないときもあります。なんか人生変わりましたね。早く選手の試合を観戦に行きたいです!

 

学びたいなと思うママさんにメッセージをお願いします

メンタルコーチを学びたいと思うなら、自分の声や感覚を大事にするといいと思います。他の方から反対されることもあると思いますが最終的には自分がやりたいと思った直感を大事にしてほしいです。人生は一度きりですしね。学ぶことでたくさんの出会いがあります。こどもや指導者さん、アスリート、メンタルコーチの皆さんなど直感にしたがって踏み出せば本当に可能性が広がると思います。


今後はどんなビジョン描いていますか

日本のバスケ会にメンタルコーチを広げていく。当たり前にしていきたい。

メンタルコーチをつけることで自分の価値に気づいてほしい。「このぐらいかない自分は」という思い込みをはずして本当の自分の可能性に気づいてほしいと思っています。Bリーグや高校のトップチームなど注目度があるアスリートたちにメンタルコーチを提供していけば、もっとたくさんの学生も受けやすくなると思いますので私も成長してひとりでも多くのアスリートや親御さんにメンタルコーチを届けていきたいと思います。

※小河さんインタビューにお答えいただきありがとうございました。


メンタルコーチ 有賀 暢さま

【サポート実績】プロゴルファー/陸上選手/テニス選手/空手選手/高校ソフトボール部(高校・中学)/ジュニア選手の親御さん

メンタルコーチのきっかけを教えてください。

有賀さん:強豪高校の陸上部で走っていた娘がメンタルを崩したことがきっかけですね。そのときに青山学院大学にメンタルコーチがいるという情報を知り、その取り組みがそれがすごくインパクトがありました。その取り組みが「選手が目標に向け自分で考えやる気をだし主体的に競技に向かうセルフマネジメント力を育成する」指導でした。私が元々陸上選手だったときも指導者からの強制で厳しく練習させられることが指導だと思っていたのですが、高校の先生や私の厳しい指導が娘のメンタルを崩すきっかけになったのかもしれないと気づいたのがスタートです。

 

メンタルコーチングを学んでみて

気合と根性がメンタルだと思っていたので例えば「自己肯定感」をあげるために自分を認める、褒めることが重要だと知り今まで理論からすると真逆のことをやっていたことにビックしましたね。厳しく指導すればメンタルも強くなる、それが間違いだったと知りました。実際に私自身も「今日できたことを書く日記」をつけることでだんだんと自信につながることを感じ、これをもっと日本中のスポーツ選手に広げたいという思いました。さらにいうと大人や教員・指導者に正しいメンタル指導を伝えたいとも思いも湧いてきましたね。

 

メンタルコーチングでクライアントはどんな変化をしますか?

はじめて本格的にサポートしたのが高校生2年生のスキー選手でした。その彼は自分に自信がなく本番でも緊張して力が発揮できていないタイプでした。しかし、メンタルコーチをしたことで「やれそうな気がする」という自己効力感が高まり出し、練習や試合への主体性が出てきました。そうすると大きな壁であったインターハイの県予選を勝ち抜き、インターハイ本選や国体に出場することができ、さらに3年時にはキャプテンになるほど成長をとげ、本人もびっくりするほどの成長につながりました。私自身もこのサポート経験によるよりメンタルトレーニングの可能性を感じることになりましたね。その後にサポートした大学生陸上選手2名もキャリアハイの九州インカレ制覇や、インカレ上位進出など「ここまで変化するのか」と私も驚くすごい成長につながっています。

 

MCTで学んでみてどうでしたか

私は他のスクールでメントレを学んでからこちらのメンタルコーチ・トレーニングを受講しました。受講した理由は「実践的なスキル」や「実践の現場」を学ぶことでプロとして活動したかったからです。MCTでは希望すると実際にアマチュアスポーツ選手を紹介してもらえ、現場でチャレンジしているアスリートをサポートするチャレンジの場ももらえますし、その際に具体的にどのような流れでどんなツールを使いメンタルコーチをしていけばいいのか?リアルタイムでサポートしてもらえることが本当に価値がありましたね。それが今のプロとして活動することにつながりましたね。あとはメンタルコーチコミュニティに入ることができ、毎月メンタルコーチングを学び続けられること、他のコーチとの情報交換による刺激もすばらしい部分だと感じていますね。おそらく、ここから沢山の有能なメンタルコーチが輩出されるのでないかと思います。

 

有賀コーチの今後のビジョンを教えてください。

大人もこどもも健全なメンタルでいられる社会にしたいと思っています。そのためには大人である特に親や教員がメンタルコーチングを学べるように動いていきたいですし、学校の授業にメントレを組み込むこともひとつの目標です。あとは、自分自身が陸上選手としてオリンピックを目指していたので私がサポートする選手がオリンピックで金メダリストになることも夢のひとつです。

 

※有賀さんインタビューにお答え頂きありがとうございました。